カードローンの種類とはどういったものか?

テレビを見ていると、カードローンのCMを頻繁に目にするようになりました。カードローンは身近なものになっていて、お金を借りることに対して抵抗のある人は少なくなっていると思います。
申し込みから審査完了まで短期間で実施され、利便性が高いこともカードローンに対し抵抗がなくなってきた要因の一つでしょう。
私自身、カードローンは利用したことがありますが急な出費がかさんだ時などに便利でした。
近くのATMですぐ利用することができ、返済も振り込みで簡単に終了することができたのが良かったです。

カードローンは一種類だけではなく、複数の種類があります。
ですから、そのあたりの事もしっかりと知った上で、カードローンは選ばないといけません。

種類をそれぞれ紹介していきたいと思います。
一つ目は、消費者金融系カードローンです。
この消費者金融系カードローンというのは、申込みから利用までがとても短い時間ですんだり、審査がそこまで厳しくないなどの特徴があります。

消費者金融系カードローンは、信販系や銀行系カードローンに比べて利用者がかなり多いといわれています。
出典:カードローンおすすめトライ

しかし、利息は高めで限度額はあまり高くないという事もあわせて覚えておきましょう。

その他の種類には、銀行系カードローンというものがあります。
銀行系カードローンは、最近テレビでも多々CMを展開しており、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など殆どの銀行が対応しています。また、無店舗のインターネット専業銀行でも対応しており、ますます便利になってきています。
メリットとしては、クレジットのキャッシングや消費者金融に比べて、金利が安く設定されていることや、「借り入れの限度額は年収の1/3」という総量規制の対象外であること、高額な借り入れが可能であることなどが一般的に挙げられます。

これらの特徴を知り、自分にあっている方のカードローンを選択することによって、より効果的にカードローンの利用ができると言えるのではないでしょうか。
どうぞここで紹介をしたこの情報は、皆さん参考にしてください。

過去には消費者金融のように『借金をする=良くない事』というイメージがあったように思われます。
カードローンも借金に変わりはないので、やはり人目に付かずに借りたいという心理は働くのではないでしょうか。
このことからも、人目に付かずに銀行で引き下ろす/預ける感覚で利用できる銀行系カードローンにメリットがあるのではないでしょうか。

しかし、カードローンの便利さゆえに債務超過となり返済困難な状況に陥らないために、カードローンに対する知識を身に着けることが必要だと感じました。
当然のことですが、カードローンを利用する前に無理のない返済計画を立ててから利用することを心掛け、使いすぎには注意しなければなりません。
返済が遅れるようなことがあれば、自分自身の信用にかかわってくる重大な問題に発展しかねません。
安易に利用できる便利さの裏には、そういった重大なリスクがあることを忘れてはいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です