カードローンの総量規制についての考察

0

カードローンは銀行でも消費者金融でも提供しているサービスでありますが、大きな違いがあります。
銀行のカードローンは総量規制の対象外であり、消費者金融のカードローンは総量規制の対象であるということです。
総量規制は法的な規制でありますので、金融機関がどのような審査基準を持っていようとも違反すれば違法行為になるので、消費者金融は総量規制を超えて融資することはできません。
しかし、銀行のカードローンは総量規制を超えて融資が可能です。

このような理由からでしょうか、インターネットのサイトではカードローンを申し込むなら銀行のカードローンという論調があります。
一見すれば、銀行のカードローンの方が有利のように感じなくもありません。
しかし、ただでさえ消費者金融と比べると格段に審査が厳しい銀行のカードローンが総量規制に引っ掛かってしまうような融資の審査を通すかどうかはちょっと考えればわかるでしょう。
銀行のカードローンが消費者金融のカードローンよりも簡単に借りれることはありえないと考えるほうがいいでしょう。