カードローンの種類とはどういったものか?

0

テレビを見ていると、カードローンのCMを頻繁に目にするようになりました。カードローンは身近なものになっていて、お金を借りることに対して抵抗のある人は少なくなっていると思います。
申し込みから審査完了まで短期間で実施され、利便性が高いこともカードローンに対し抵抗がなくなってきた要因の一つでしょう。
私自身、カードローンは利用したことがありますが急な出費がかさんだ時などに便利でした。
近くのATMですぐ利用することができ、返済も振り込みで簡単に終了することができたのが良かったです。

カードローンは一種類だけではなく、複数の種類があります。
ですから、そのあたりの事もしっかりと知った上で、カードローンは選ばないといけません。

種類をそれぞれ紹介していきたいと思います。
一つ目は、消費者金融系カードローンです。
この消費者金融系カードローンというのは、申込みから利用までがとても短い時間ですんだり、審査がそこまで厳しくないなどの特徴があります。

消費者金融系カードローンは、信販系や銀行系カードローンに比べて利用者がかなり多いといわれています。
出典:カードローンおすすめトライ

しかし、利息は高めで限度額はあまり高くないという事もあわせて覚えておきましょう。

その他の種類には、銀行系カードローンというものがあります。
銀行系カードローンは、最近テレビでも多々CMを展開しており、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など殆どの銀行が対応しています。また、無店舗のインターネット専業銀行でも対応しており、ますます便利になってきています。
メリットとしては、クレジットのキャッシングや消費者金融に比べて、金利が安く設定されていることや、「借り入れの限度額は年収の1/3」という総量規制の対象外であること、高額な借り入れが可能であることなどが一般的に挙げられます。

これらの特徴を知り、自分にあっている方のカードローンを選択することによって、より効果的にカードローンの利用ができると言えるのではないでしょうか。
どうぞここで紹介をしたこの情報は、皆さん参考にしてください。

過去には消費者金融のように『借金をする=良くない事』というイメージがあったように思われます。
カードローンも借金に変わりはないので、やはり人目に付かずに借りたいという心理は働くのではないでしょうか。
このことからも、人目に付かずに銀行で引き下ろす/預ける感覚で利用できる銀行系カードローンにメリットがあるのではないでしょうか。

しかし、カードローンの便利さゆえに債務超過となり返済困難な状況に陥らないために、カードローンに対する知識を身に着けることが必要だと感じました。
当然のことですが、カードローンを利用する前に無理のない返済計画を立ててから利用することを心掛け、使いすぎには注意しなければなりません。
返済が遅れるようなことがあれば、自分自身の信用にかかわってくる重大な問題に発展しかねません。
安易に利用できる便利さの裏には、そういった重大なリスクがあることを忘れてはいけないのです。

返済は短期決戦か長期決戦か

0

お金が無い時などに何かと便利なカードローンですが、その返済の方法は大きく二通りあります。
一つは一括返済であり、もう一つは分割返済です。
それらは別な言い方をするなら、返済は短期決戦か長期決戦かということです。

もしも短期決戦で返済に挑むならば、利息の支払い負担は最小限に抑えることが可能です。
その代わり、毎月の支払い金額が大きくなるほどに生活が苦しくなります。
また、長期決戦ならば毎月の支払い金額は小さいので生活は楽です。
しかし、完済までの道のりは長いので利息の支払い総額は大きくなってしまいます。

このようにカードローン返済は短期が良いか長期が良いかは、一概には言えません。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
ただ、世の中のカードローン利用者を広く見回してみると、その返済方法は明らかに長期決戦を挑んでいる人が多数に見えます。
やはり短期決戦というものは、いくらやりたいと思っても、現実にはなかなか出来ないものなのでしょう。

融資枠と経済力との関係

0

手軽にお金が借りられるカードローンですか、事前に決められた融資枠までのお金しか借りられません。それは当然です。
ただし、この融資枠は誰もが皆同じ金額なのではありません。
融資枠が何円になるのかは、人それぞれ審査の結果によって決まるのです。

ですから同じ種類のカードローン商品でも、ある人の融資枠は100万円だけど別な人は10万円しかない、ということも起こるのです。
このように融資枠が人によって多かったり少なかったりするのは、何だか不公平な感じがするかもしれません。

しかし、それは仕方のないことです。
なぜなら融資枠とは、その人の経済力や信用力によって決まるものだからです。
借金というのは、経済力の高い人ほど返済能力も高くなります。
ですからカードローン会社も経済力の高い人に多くのお金を貸し、経済力の低い人には、どうしても少ししか貸せないのです。
結果として言えることは、カードローンの融資枠と利用者の経済力は概ね正比例するものだということです。

おまとめローンで返済額を減らす方法

0

消費者金融や銀行系のカードローンなど、何社かで融資を受けている場合は、おまとめローンを活用することで、返済額を減らすことができる可能性があります。
いろいろな金額で融資を受けられているならば気がつくと思いますが、融資を受けた際の利息というのは、借りた金額で決まってくることがほとんどです。

通常は、大きい金額を借り入れた時の方が利息が低く、少ない金額の方が利息が高いものです。
おまとめローンとは、数社から借り入れている借金をまとめて、1社のローンで1本化して、その他の借り入れを返済するというものなので、当然その1社の借入額が大きくなり、トータルで考えると、利息を下げることができます。

借金の総額は変わらないけれども、利息を減らすことによって、返済額を減らすという方法です。
2社以上から借り入れがある人は計算をして、少しでも返済が楽になりそうなら、金融会社に相談してみると良いと思います。
ただし、一括返済をした時に手数料がかかる場合もありますから、結局多くかかってしまうことがないように、借りている会社にきちんと問い合わせて計算することがとても大切です。

カードローンの総量規制についての考察

0

カードローンは銀行でも消費者金融でも提供しているサービスでありますが、大きな違いがあります。
銀行のカードローンは総量規制の対象外であり、消費者金融のカードローンは総量規制の対象であるということです。
総量規制は法的な規制でありますので、金融機関がどのような審査基準を持っていようとも違反すれば違法行為になるので、消費者金融は総量規制を超えて融資することはできません。
しかし、銀行のカードローンは総量規制を超えて融資が可能です。

このような理由からでしょうか、インターネットのサイトではカードローンを申し込むなら銀行のカードローンという論調があります。
一見すれば、銀行のカードローンの方が有利のように感じなくもありません。
しかし、ただでさえ消費者金融と比べると格段に審査が厳しい銀行のカードローンが総量規制に引っ掛かってしまうような融資の審査を通すかどうかはちょっと考えればわかるでしょう。
銀行のカードローンが消費者金融のカードローンよりも簡単に借りれることはありえないと考えるほうがいいでしょう。